川口市議会議員

  しばさき 正太


 
 

  ご挨拶
2月9日10日で北陸の金沢市と小松市に行政視察に伺いました。
報道でありましたように、かなりの雪が残っており交通に支障をきたしていました。
大変な中で視察を受け入れて頂き、ありがとうございました。

 

2018.2.14

芝崎正太 トップページ | 最近の活動報告です | 活動報告バックナンバー | 最近の視察報告です

    政 策

・人権尊重の街づくり ・駅前駐輪場の拡充
・防犯、防災に強い街づくりの推進 ・商業の活性化、産業の創出
・市民から信頼される教育環境の整備 ・様ざまな地域問題の解決
・環境の先進都市の街づくり  

    活動報告                       活動報告バックナンバーはこちら

2018年2月14日
奥ノ木市長再選
2月4日(日)に執り行われました川口市長選挙におきましては、奥ノ木市長が再選を果たしました。
当日の得票総数は、103,718票で投票率は22.29%でした。
奥ノ木市長の得票数は71,320票で前回の得票を20,284票上回りました。(前回平成26年51,036票)
今年の4月から中核市になり、全国的にも政令市を除き船橋市、鹿児島市の次に人口が多い市となる事から今後の奥ノ木市長手腕が注目をされます。
 
公明党川口市議団としては日本一模範の川口市政を構築するため懸命に働いて参ります。
みんなの学校上映
1月27日(土)川口駅前行政センターキュ・ポラ「メディアセブン」において、青木中学PTA会員研修部の研修会の題材として「ドキュメンタリー映画みんなの学校」を上映致しました。
当日は70名以上の保護者の方々に鑑賞して頂きました。
当該映画の主題は健常者の子供と障がいを持った子供が同じクラスで共に学びあい互いの個性を認め合うものです。
実在した小学校をモデルにしており、今年度川口市ではモデル校の映画となった初代校長先生木村泰子先生の講演を企画しています。
金沢市・小松市に勉強
2月9日(金)金沢市、10日(土)小松市に勉強に行かせて頂きました。
金沢市では、児童相談所について担当者から御教示受けました。
全国でも中核市で児童相談所を設置している自治体は横須賀市と金沢市しかなく、児童相談所設置についての経緯や予算面、またメリットについて詳しく担当者から伺えました。
昨年の12月議会でも川口市に児童相談所を設置すべきと質問をさせて頂きました。
今後も設置に向け取り組んで参ります。
 
また、小松市では「サイエンスヒルズこまつ」について学びました。
川口市にも科学館があり参考になる展示品、取り組みが多くありました。

    清 廉

投打の二刀流・大谷翔平選手が海を渡る。米大リーグで最速165キロの剛速球がどこまで通用するか。外野席へライナーでボールを運ぶ打撃もだ。まだ23歳。無限の可能性に心が躍る  
◆“大谷投手”のように球速160キロ超を誇った伝説の右腕がいる。1934(昭和9)年、17歳の沢村栄治は日米野球でベーブ・ルースら強打者から次々と三振を奪った。その後もプロ野球史上初のノーヒットノーラン達成など輝かしい成績を残す。彼の名を冠した「沢村賞」は、毎年最も活躍した先発投手に贈られる最高栄誉賞だ  
◆沢村投手のプロ野球在籍期間は5年しかない。徴兵で3回も戦地へ赴いた。手榴弾の投げ過ぎで肩は壊れ、3度目の従軍で帰らぬ人に。戦争は残酷の極みである  
◆先月4日に亡くなった星野仙一さんは74(昭和49)年、中日のエースとして沢村賞に輝いた。中日、阪神、楽天で監督を歴任。仙台が本拠地の楽天を日本一に導き、東日本大震災の被災地に勇気を与えた。闘将は晩年、「ずっと野球と恋愛してきて良かった。もっともっと野球に恋をしたい」と  
◆きょう2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインする。球春到来だ。また、沢村投手の101回目の誕生日でもある。かみしめたい。平和な時代に白球を追うありがたさを。「平和の党」の深い使命を。(2/1北斗七星から)  
「太陽が出ている間に屋根は修理しなければならない」。米国が景気後退から抜け出して1年ほどたった1962年、当時のケネディ大統領は議会でこう訴えたという。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が講演などでよく紹介している  
◆その意味は、景気回復に浮かれることなく改革を進めてこそ持続的な成長が可能になるということ。10年前のリーマンショックの教訓を忘れず新たな危機の芽を摘み取ると同時に、世界経済が好調なうちに成長の基盤をより強くする努力を怠ってはなるまい  
◆IMFは先週発表した世界経済見通しで、「世界的に経済成長の勢いが増している」と分析し、今年と来年の成長率予測を上方修正した。同時に、今こそ「改革を行う理想的なチャンス」とも指摘している  
◆具体的には、構造改革による潜在成長率の引き上げや、成長の恩恵を社会に広く行き渡らせることなどを求めている。自公政権が進める「働き方改革」や「全世代型社会保障」が、いかに的を射た取り組みであるかが分かる  
◆冒頭のケネディの警句は、私たちの身近な暮らしにも当てはまる。例えば、地震をはじめ自然災害への備えはどうだろうか。東日本大震災から来月で7年を迎える。備蓄品、連絡手段、家具の転倒防止など、改めて点検しておきたい。(2/3北斗七星から)  

    視察報告

各地域の施設や、各行政の取り組みなど、現地を訪問して様々な視察を行っております。
勉強した内容をご報告するとともに、市民の皆様のお役にたてるよう努めてまいります。


連絡先住所 川口市西青木1-8-20
担当地域 :上青木・上青木西・青木・西青木・中青木・並木(1丁目一部)
   ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。
 ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Shibasaki Syouta. All Rights Reserved.