芝崎正太 トップページ | 最近の活動報告です | 活動報告バックナンバー | 最近の視察報告です

活動報告バックナンバー

2007年12月17日
妊産婦検診無料化の拡大を実現!!
公明党川口市議団として号外的ニュースです。公明党は少子化問題の取り組みの一つとして従来から妊産婦検診の無料化拡大を訴えて来ました。
行政との粘り強い対話を繰り返し、現行2回の無料検診を拡大することを実現出来ました。
これは公明党女性局が市長に要望書を提出し従来からの公明党の訴えを市長と行政が市民のため前向きに考えてくれた結果です。
妊産婦のたらい回しが報道されていますが、その根底には、妊婦が産科に通う経済的な問題も一つの要因です。妊婦が実際にかかる検診は14回程度と云われております。
公明党また公明党川口市議団としても更なる検診の無料化実現のため努力していきます。
また、経済的に厳しく病院に行けない妊婦のいる状況を踏まえ経済の安定化、就労の支援にも積極的に取り組んでまいります。
活動について
17日(月) 建設常任委員会
18日(火)
19日(水)
党勢拡大活動
20日(木) 12月議会閉会日
22日(土) 後期高齢者保険制度の勉強会
23日(日) 川口駅での街宣活動
2007年12月10日
青木中学校の校庭の整備
父兄の方より雨が降った後グランドの水はけが悪いと相談を受け、現地を調査し教育委員会に相談をして水溜りのできる所は、土を入れ、側溝の掃除もして対応しました。
校庭全体の土の入れ替えは、多額の予算が掛かるため今回は一部の補修になりましてが、学生や地域の方が使いやすい様にこれからも配慮していきます。
12月議会
10日(月)〜12日(水)に12月議会の一般質問が行われます。公明党より松本議員・石橋議員・萩原議員の3名が質問を致します。公明党は、市民相談を結党以来、大事にしてきた党です。今回の質問も庶民の目線にたった質問をしてまいります。
活動について
3日(月) 埼玉県庁に聞き取り勉強に行きました。ある父兄より子供の化学反応過敏症に対しての相談を受け県の取り組みを勉強してきました。
また、埼玉県の自殺予防に対しての聞き取りも合わせて勉強しました。
5日(水) 公明党川口支部大会を公明党太田代表出席の中、川口市民会館にて盛大に開催いたしました。
10日(月)
 〜12日(水)
本会議
13日(木) 市民相談
14日(金) 西川口防犯パトロール
16日(日) 街宣活動
2007年11月26日
新潟県に視察
20日(火)新潟県の長岡と柏崎に防災について視察をしてまいりました。実際に救援活動をした行政の話を伺い、新聞やニュースではわからない事を聞く事が出来て参考になりました。この視察で学んだ事を川口市の防災対策に活かして参ります。
浦安市と豊島区に行政視察
21日(水)都市計画研究部会で浦安市にPFI手法の取り組みを勉強してきました。PFIとは公共施設等の建設、維持管理、運営を民間の資金、経営能力や技術能力を活用する方法のことです。駅前に昨年オープンした「新浦安駅前プラザ マーレ」を視察して、駐輪施設などが充実しており勉強になりました。今後、川口市も参考にするべきだと思いました。
22日(水)石橋議員、江袋議員と豊島区の駐輪問題に対しての取り組みについて勉強をしてきました。豊島区は過去に全国一放置自転車が多い街としてランキングされた事があり、それを契機に本格的に放置自転車対策に取り組んでいます。首都圏の自治体はどこも問題が似ており今後も参考になる市町村があれば勉強し、取り入れていきたいと思います。
2007年11月19日
資源ごみの回収場所を移動しました
上青木1丁目の住民の方々から資源ごみの回収場所が遠く
一般ごみの回収場所と同じ所にして欲しいと要望を受けた為
現地調査をし行政に相談をして、資源ごみの回収場所を変更
しました。 地球温暖化の問題も含め、ごみ問題にも積極的に
取り組んでまいります。
岩手県政務調査活動の報告
11月13(火)14(水)の二日間にわたり、岩手県に調査研究のため出張をして参りました。
13(火)は、盛岡市役所において商工課の担当者に商店会の活性化や地域振興の取り組み方などを聞き勉強をしました。川口市を豊かにするため、商工業の発展は欠かせない要素です。今後も調査研究をしていきます。
14(水)は、岩手県庁において、自殺予防の取り組みについて勉強をしました。川口市の9月議会において自殺予防について質問を致しました。今まで誰も問題提起をしたことがなく、行政として取り組んでいない状況です。北東北3県では、自殺を重く受け止め、先進的な取り組みをしていました。17年の統計ですが、本市も114名の方が自らの生命を絶ちました。114名は統計の数字ですが、そのお一人おひとりには、大切なご家族が居た筈です。
悲惨な自殺を無くすた自殺予防に取り組んで参ります。
2007年11月12日
通学路にポールを設置いたしました
西青木2丁目、交差点の通学路にポールを設置致しました。
交差点の角にはコンビニがあり出入り口ではないのですが
近道のため多くの車両が角から進入し、信号待ちをしている
学童が危ないとの相談を受け、現地調査を行い行政に相談を
して、歩行者、学童を守るためにポールを設置いたしました。
今後も地元の方々と協議をし、学童や歩行者の安全をはかる
ために、努めてまいります。
活動について
・11/5 (月) 企業会計決算審査特別委員会に出席し18年度の水道事業、病院事業の
会計審査を厳正に行いました。
・11/6 (火) 川口工業病院の建替えに関する意見交換を行いました。建替えの時期は
未定ですが、今後も地域に根ざした病院運営をするとの返答を貰いました。
・11/7 (水) 市当局とJRに駐輪場の問題で交渉に行きました。
川口・西川口駅共に駅前には駐輪場にする土地が少なく、今後はJRの
協力が無ければ解決できない問題として交渉しました。今すぐの解決は
無理ですが、市民の方をお客様ととらえ努力するとの返答を貰いました。
・11/7 (水) 公明党員政治勉強会
・11/8 (木) 公明新聞取材
・11/9 (金) エコドライブ講習会参加、政治勉強会
・11/10(土) 青木中学校バザー参加
・11/11(日) 消防団特別点検参加
2007年10月
<今月の実績> <今月の活動報告>
 ・市民相談42件
 ・上青木2丁目カーブミラーの設置
 ・市役所通り、危険箇所にポールの設置
 ・青木橋付近の危険箇所にポールの設置
 ・中青木3丁目の道路舗装
 ・市政報告会の開催
 ・党員地区責任者会の開催
 ・防犯パトロールに登録 週3回パトロール
 ・駅頭挨拶運動 10回
 ・地域行事参加 8回
 ・行政視察 1回
 ・講演会参加
 ・市長に要望書提出
2007年10月
[ 9月の一般質問から ]
人権尊重都市宣言について
わが街、川口市は平成6年の12月に人権尊重都市宣言をいたしました。
人権々と昨今、叫ばれていますが人の生命の尊重、人の命をどれだけ行政が本気で考えているのか、疑問に持ち質問をさせて頂きました。というのも、全国的に問題になっている自殺の問題があったからです。年間3万人以上が自殺をする痛ましい事実が9年連続でつづいております。川口市においても平成17年には、114名の方が自殺を致しました。3万人は統計の数字ですが、そのお一人々には、その人を誇りと思う親がおり、その人を慕う子がおり、それぞれの方にかけがえのない人生があったと思います。
 政府は2016年までに自殺死亡率を2割以上減らす「自殺総合対策大綱」を閣議決定しましたが、各自治体の取り組みはまちまちで、川口市においても、自殺予防に対し何の施策もしていないのが、現実であります。
 交通事故防止に向け県、市は予算を割き、大々的なキャンペーンをしますが自殺予防には何の手も打たず、問題意識も低いように思えました。
 川口市から、悲惨な自殺ということを根絶したい。ご本人のため、残された家族のためこの問題を提議し、官民あげて自殺予防に取り組もうと思いました。
 行政の答弁は、今後、この問題を行政あげて取り組み自殺防止に努めるとの回答をもらいましたが、まだ、スタート段階です。
 本当の意味で川口市が人権尊重都市になるように取り組んで参ります。
2007年9月
9月議会のご報告
今回、一般質問をさせて頂きました。 13日の当日には、多数の方に傍聴して頂き
ありがとうございました。 質問内容としては、普段、皆様からの市民相談や行政への
要望を主に8項目にわたり質問を致しました。
私自身が取り組む問題の中で特にやらなければならない問題として自殺予防の問題を
あげました。 年間3万人以上の方が自らの命を絶っています。 9月中に川口市でも
中学生が自殺をいたしました。 こんな悲惨な出来事を繰り返さないためにも自殺予防に
取り組んでまいります。
2007年5月15日
新たにホームページを開設しました
市民の皆様に、最近行った活動のご報告を このコーナーで
分かりやすくお伝えして行こうと考えております。
様々な活動やその活動の結果・成果 、また視察状況などを
時には写真を添えながら、この場にてお知らせ出来るように
日々取り組んで参ります。
随時更新を行っていきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

連絡先住所 川口市西青木1-8-20
担当地域 :上青木・上青木西・青木・西青木・中青木・並木(1丁目一部)
   ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。
 ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Shibasaki Syouta. All Rights Reserved.