川口市議会議員

  しばさき 正太


 
 

  ご挨拶
3月15日に川口市内の中学校卒業式が一斉に行われました。
進学する方もおれば、いち早く社会に出る方もおります。
全卒業生の未来に栄光の大勝利を祈念します。

 

2017.3.17

芝崎正太 トップページ | 最近の活動報告です | 活動報告バックナンバー | 最近の視察報告です

    政 策

・人権尊重の街づくり ・駅前駐輪場の拡充
・防犯、防災に強い街づくりの推進 ・商業の活性化、産業の創出
・市民から信頼される教育環境の整備 ・様ざまな地域問題の解決
・環境の先進都市の街づくり  

    活動報告                       活動報告バックナンバーはこちら

2017年3月17日
公立夜間中学の設立に向けて
3月14日(火)川口市役所に於いて、奥ノ木市長に対して「公立夜間中学設置に対する要望書」を手渡しました。
これには、公明党埼玉県本部代表西田まこと参議院議員も同席をしました。
公立夜間中学校は、全国に31カ所存在し、1800人以上の生徒が在籍をしています。
その中の約8割が外国人になっている現状があります。
川口市は3万392人の外国人が居住し、東京23区と政令市を除くと全国で最多になります。
また、近年、引きこもりやいじめによる不登校も増加している中、文科省は不登校や虐待等で教育を十分に受けられず中学を卒業した場合でも夜間中学の入学を可能にすると改正をしました。
首都圏の1都3県で公立の夜間中学が無いのは、埼玉県だけであり早期の設立が望まれていました。
 
公明党では国会に於いて西田参議院議員が公立夜間中学設立を求めた事や川口市に於いても議会質問で設置を求め続けてきました。
今3月定例議会に於いて奥ノ木市長から設置に向け鋭意検討をしていくとの答弁を頂き、埼玉県初の公立夜間中学の設立が現実的となりました。
映画みんなの学校 【1】
3月12日(日)東久留米市に行き「ドキュメンタリー映画・みんなの学校」を鑑賞しました。
この映画は実際に存在する大阪府住吉区の公立学校「大空小学校」の1年間を追い続けたものです。
大空小学校が目指すものは「不登校ゼロ」。
ここでは特別支援教育の対象となる発達障害のある子も、自分の気持ちを上手くコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。
ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教員だけではなく、保護者や地域の人々が一緒になって誰もが通い続ける事が出来る小学校を作り上げました。
映画の後に大空小学校を作り上げた木村泰子元校長先生の講話も拝聴でき、深く感銘いたしました。
今後も大空小学校を取り組みを御報告してまいります。

    清 廉

財政破綻から10年。全国唯一の財政再生団体である北海道夕張市が、これまでの財政再生計画を抜本的に見直し、地域再生をめざす新たな道を歩み始めた  
◆炭鉱で栄え、最盛期には約12万人が暮らした同市。“ヤマの灯”が消えた後は、リゾート開発などで観光の街へと転身を図ったものの、バブルが崩壊。2007年、353億円の負債を抱え財政再建団体(当時の名称)となった  
◆借金返済が最優先の緊縮財政で、市職員や公共施設は大幅に削減。市税や水道料金は引き上げられ、市民にとっては「全国最低のサービス、最高の負担」となっているのが現状。その影響もあり、この10年間で人口は約3割減少して9000人を割り込み、65歳以上の高齢者がほぼ半数を占めるまでに  
◆新しい計画には、今後10年間で100億円を超える46の新規事業が盛り込まれた。「若者が住み続けられる街」をめざし、認定こども園の整備や第2子以降の保育料無料化など、子育て世代の支援に力を入れる。企業も含む「ふるさと納税」などで財源を生み出すほか、国もこの間、約12億円の特別交付税で後押しする  
◆財政再建と地域再生の両立ができれば、人口減少に直面しつつ地方創生をめざす全国の自治体の先駆的な事例ともなる。“課題”を“希望”に変える挑戦に期待したい。

(公明新聞・北斗七星から)

 
ほとんどの国には、約束や誘いを断っても許してもらえる「言い訳」がある。日本では、さしずめ葬式だろうが、海の向こうのオランダでは子どもだ。愛児の病気や休暇、わが子が関わる企画・行事への参加などは「重要な会議での欠席の言い訳として誰もが使い、誰もが文句なく許している」(「オランダを知るための60章」 長坂寿久)  
◆15日はオランダ下院選の投票日である。急増する移民問題などを受け、イスラム教徒排斥や欧州連合(EU)離脱を訴える極右政党が第一党を窺う  
◆東欧にまで版図を広げたEUの原点は、第2次世界大戦後の和解と平和の希求、復興だった。その前身組織を発足させた6カ国のうち、オランダと独仏の3カ国が奇しくも今年、大型選挙で民意を問う。今や30カ国近くを統合するが、単一市場の恩恵を求めたり、民主主義と人権の回復をめざして仲間入りした旧共産圏など、加盟の目的や動機は一様ではない  
◆非同質性と多元性をダイナミックに包み込みながら歩んできた実験は岐路に立つ。「自国第一主義」に屈せず、多様性に富む開かれた社会空間を取り戻せるか。EUの老舗たちの踏ん張りを選挙戦で見せてほしい  
◆オランダは、そのトップバッター。言い訳が許されない選択。子どもたちの未来を見据えた判断を望みたい。  

(公明新聞・北斗七星から)

 

    視察報告

各地域の施設や、各行政の取り組みなど、現地を訪問して様々な視察を行っております。
勉強した内容をご報告するとともに、市民の皆様のお役にたてるよう努めてまいります。


連絡先住所 川口市西青木1-8-20
担当地域 :上青木・上青木西・青木・西青木・中青木・並木(1丁目一部)
   ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。
 ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Shibasaki Syouta. All Rights Reserved.