川口市議会議員

  しばさき 正太


 
 

  ご挨拶
悲惨な児童虐待が後を絶ちません。
緊急に対策をまとめ市長に提言を提出すべきと市議団内に提案し、
取りまとめを急いでいます。
悲惨な事故を防ぐよう努めて参ります。

 

2019.2.13

芝崎正太 トップページ | 最近の活動報告です | 活動報告バックナンバー | 最近の視察報告です

    政 策

・人権尊重の街づくり ・駅前駐輪場の拡充
・防犯、防災に強い街づくりの推進 ・商業の活性化、産業の創出
・市民から信頼される教育環境の整備 ・様ざまな地域問題の解決
・環境の先進都市の街づくり  

    活動報告                       活動報告バックナンバーはこちら

2019年2月13日
暴力追放決起大会
2月6日(水)13時から川口総合文化センター・リリア音楽ホールにおいて「第29回川口市暴力追放決起大会」が開催されました。
奥ノ木市長、関口議長の挨拶の後、武南警察署の斎藤所長から反社会勢力の現況について報告があり、大会宣言を採択し終了しました。
夜間中学の進捗状況について
今年の4月1日開設、4月16日入学式を迎える埼玉県で初となる、夜間中学の進捗状況について御報告致します。
学校名称は芝西中学校陽春分校となり、校舎は旧県陽高校になります。
入学希望者は58名(平成30年12/28日現在)となり、日本人31名、外国籍27名です。
居住地別では、川口市27人、蕨市5人、さいたま市・戸田市・草加市がそれぞれ4名、三郷市が3名、上尾市・八潮市が2名ずつです。
年代別では、10代から20代の方が比較的多く、母国で十分学ぶ事が出来なかった方や、今後高校への進や仕事に活用していく事を考えている外国籍の方が多い傾向です。
最年少は15歳で最年長は86歳です。
公明党川口市議団は一貫して、夜間中学の開設を訴えてまいりました。
今後も学び直しの機会を望む方々のために陽春分校を支えてまいります。
地域の交通安全対策
上青木スキップシティ付近で、駐車禁止のゼブラゾーンに車両が駐車し通行の妨げになり危険との御要望を賜り、要望者の住民の方々と道路管理者立会いの下、現地調査をしてゼブラゾーンにソフトポールを設置しました。
今後も地域の交通安全対策を進めてまいります。
児童虐待防止対策について
悲惨な児童虐待が後を絶ちません。
川口市は中核市になったことから、児童虐待に対して強い権限を持つ「児童相談所」の設置が川口市単独で出来る事になります。
中核市で児童相談所を持っている、横須賀市や金沢市にも勉強に行き、設置の必要性を再認識しています。
また、今回問題になっている、恫喝的な行動をする保護者に対しての対策についても、スクールロイヤーと言われる弁護士の活用が有効であると思われます。
今回の事案を受け、緊急に児童虐待防止対策の提言をまとめ、市長に求めるべきと市議団に提案し、現在取りまとめの作業をしています。
悲惨な事故を繰り返さないよう努めて参ります。

    清 廉

住民の声を届ける公明党に期待  
これからの時代は、公明党が今まで積み上げてきた、地に足のしっかりついた活動が一層、意味を持つのではないか。
都市と地方、農村がそれぞれ課題を抱える中、「大衆とともに」歩む公明党の地方議員は、人の汗や涙に日々接している。
忘れ去られそうな弱い立場の人の声に耳を傾けて政策につなげ、形にしてきた。
毎日、地道に一軒一軒を訪ね、一人一人の表情を確かめながら、言葉の奥にある心情に思いをはせる。
人々の生きざまをしっかりと受け止めるからこそ社会の変化をいち早く察知できる。
そんな足腰の強い公明党議員の活躍が、さらに広がるよう期待したい。
 

(増田寛也 元総務大臣)

 

    視察報告

各地域の施設や、各行政の取り組みなど、現地を訪問して様々な視察を行っております。
勉強した内容をご報告するとともに、市民の皆様のお役にたてるよう努めてまいります。


連絡先住所 川口市西青木1-8-20
担当地域 :上青木・上青木西・青木・西青木・中青木・並木(1丁目一部)
   ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。
 ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Shibasaki Syouta. All Rights Reserved.