川口市議会議員

  しばさき 正太


 
 

  ご挨拶
本日、同僚の松本議員と共に盛岡市議会「二七会」の受入れをさせて頂きました。
議員させて頂く前に盛岡市では3年弱お世話になっていたことから大変に懐かしく思いました。
「二七会」の皆様お疲れさまでした。

 

2018.1.18

芝崎正太 トップページ | 最近の活動報告です | 活動報告バックナンバー | 最近の視察報告です

    政 策

・人権尊重の街づくり ・駅前駐輪場の拡充
・防犯、防災に強い街づくりの推進 ・商業の活性化、産業の創出
・市民から信頼される教育環境の整備 ・様ざまな地域問題の解決
・環境の先進都市の街づくり  

    活動報告                       活動報告バックナンバーはこちら

2018年1月18日
西川口駅駐輪場  
西川口駅駐輪場の拡充が出来ます。
12月議会で取り上げた駐輪場の拡充について、18日(木)交通安全対策課に確認をしたところ、30年度中に道路管理者、川口警察、JR等関係機関と調整のうえ工事に入ります。
場所は西川口駅から川口駅に向かう市道の一方通行のフェンス沿いです。
台数は50台から70台くらいの予定です。
駅前駐輪場の拡充は当選当初からの取り組んでまいりました。
今後も市民の皆様の声に応えて参ります。
川口市暴力追放
1月18日(木)13時から川口総合文化センター・リリア音楽ホールにおいて「第28回川口市暴力追放決起大会」が執り行われました。
これには、奥ノ木川口市長、川口・武南両警察署長、県議会議員、市議会議員等が出席致しました。
奥ノ木市長は健全で明るい街づくりには市民の方の御協力が欠かせない事から今後も市民の皆様の御理解を賜りたいとの話があり、武南警察署長からは、県内における暴力団状況の説明がありました。
行政視察受け入れ
1月18日(木)10時15分から川口市役所本庁舎において、盛岡市議会「二七会」7名の視察の受入れを致しました。
視察内容は川口市が平成27年に議員提案し制定した「川口市文化芸術振興条例」についてです。
当該条例は公明党の提案で出来たことから、視察などの説明受入れは、その提出会派が説明することになっており、当日は同僚議員の松本議員と私とで説明をさせて頂きました。
盛岡市議会の「二七会」さんは超党派の勉強会グループで平成27年の選挙において当選された1期生の皆様方です。
今後の盛岡市の発展を心よりお祈り申し上げます。

    清 廉

会津藩士の五男に生まれ、陸軍大将にまで上り詰めた柴五郎が晩年、書き残した文にある。<故郷の山河を偲び、過ぎし日を想えば心安からず>。石光真人編著『ある明治人の記録』には五郎の過酷な少年期がつづられている  
「明治維新150年」の今年は、「戊辰戦争150年」でもある。鶴ケ城の落城とともに、五郎の祖母・母・姉妹は自邸で自刃し、火を放つ。その時8歳の五郎は戦乱を逃れたが、家族の遺骨を焼け跡から探して拾ったのは2カ月後だった  
やがて五郎は、父や兄弟と斗南藩(青森県下北半島)へ移住するも、当時は寒冷な不毛の荒地で飢餓に苦しみ、生死の境をさまよう。だが<堪えてあらば、いつかは春も来たるものぞ。堪えぬけ、生きてあれよ>と自らを鼓舞し生き抜いた  
徳川幕府に最後まで忠義を尽くした会津藩は、新政府軍から「朝敵、賊軍」とされ、理不尽な仕打ちを受ける。それでも数々の人材を輩出し、郷土を再興した  
翻って今を思えば、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で多くの人が故郷を追われ、平穏な暮らしを奪われた福島と重なって見える。明治維新は、日本の近代化の転換点だったとされる。ならば、現在の福島の復興への挑戦が再生可能エネルギーをはじめとする新産業創出への転換点となることを強く願う。
(1.16北斗七星から)
 
7日からNHKの大河ドラマ「西郷どん」がスタートした。本紙6日付に、主人公の西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんのインタビューが掲載された。鈴木さんは、西郷が周りの人々から愛された理由を、「相手の痛みを自分の痛みのように捉え、相手の喜びを自分の喜びのように感じる“共感力”が、ずば抜けて高かったからではないか」と語った   
山口那津男代表は、新年のスタートを切る党新春幹部会(4日)で、「国民の声を政治に反映させることが政党の重要な機能だ。公明党は50年余の歴史の中で、そうした特色や実績を築いてきた」と訴えた。この言葉通り、公明党には、枚挙にいとまがないほど国民の声に根ざした数々の実績がある  
なぜこれほどの実績を築けるのか? それは、常に、国民は何に困っていて、何を望んでいるのか、現場の中で一緒に悩み、苦しむ中で培ってきた公明党議員一人ひとりの“共感力”が、ずば抜けているからではないか。“共感力”には、不滅の立党精神「大衆とともに」に通じるものがある  
厳しい国際情勢、進む少子高齢化など、乗り越えなければならない課題を前に、公明党は今、国民の安心のため、幼児教育無償化、災害被災地の復興などに全力を挙げている。数合わせの政治力学に明け暮れる一部政党とは、“共感力”が違う。
(1.13北斗七星から)
 

    視察報告

各地域の施設や、各行政の取り組みなど、現地を訪問して様々な視察を行っております。
勉強した内容をご報告するとともに、市民の皆様のお役にたてるよう努めてまいります。


連絡先住所 川口市西青木1-8-20
担当地域 :上青木・上青木西・青木・西青木・中青木・並木(1丁目一部)
   ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。
 ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Shibasaki Syouta. All Rights Reserved.